沿革・目的

沿革

 財団法人タカセ国際奨学財団は、設立者の高瀬秀太郎氏(故人)が基本財産を出捐し、平成7(1995)年10月18日に設立されました。 公益法人制度改革に伴い、公益財団法人への移行が認定され(内閣府)、平成23(2011)年4月1日に公益財団法人タカセ国際奨学財団と名称変更され、 タカセ株式会社からも事業費の援助を受けて奨学事業を行っております。

 タカセ株式会社は、創業明治5(1872)年、149年余りに及ぶ物流業界における経験と実績を持っております。 アジア諸国、アメリカ、ヨーロッパ諸国など、世界各国の物流を通して国際交流を図ってまいりましたが、留学生への奨学援助を通して 一層の国際交流の進展が図れるものと考えております。

目的

 海外からの私費留学生のうち、成績優秀、志操堅固であるが、経済的理由で円滑な留学生活を送ることが困難なものに対し、 奨学援助を行い、諸外国との国際友好、親善ならびに人材育成に貢献することを目的とします。

Copyright(C)2001 TAKASE Scholarship Foundation All rights reserved.